建物の強化もバッチリ|外壁塗装でイメージがガラッと変わる

多くなる自家発電

一軒家

事故が起こらないように

太陽光発電システムの施工は太陽電池アレイ、パワーコンディショナーなどの機器の設置工事と、太陽電池モジュール間の配線やそれぞれの機器の間を接続していく、電気工事に分けられます。太陽電池は日光を受けていれば発電を行っていますので、施工をするときには感電しないように、注意が必要になってきます。また屋上や屋根の上などの高所での作業が多くなってきますので、安全対策については特に注意が必要になってきます。佐賀でも多くの家庭で太陽光発電システムを取り付けている家が多くなってきました。鉄製の架台や、金属製の外箱、金属製の配管は漏電などによる感電事故を防止するために、接地工事が必要になってきます。接地工事というのはアースの取り付け工事のことです。佐賀でも感電事故が起こらないように、慎重に取り付け工事が行われています。

しっかりと養生を

太陽光発電の工事を実施するにあたっては、新築の時はもとより既設の建物へ設置することが多いために、既設の設備や建物を破損、損傷から守るために必要に応じて養生や防護を施す必要が出てきます。佐賀でも既存の家への設置が多く、屋根にしっかりと養生を行って取り付けられています。ベニヤ板やパレット、ビニールシートなどを用いる場合が多いのですが、屋根などの場合は飛散防止対策も施して工事を行うことが大切です。佐賀の住宅は屋根の形や使用している屋根の材料が、非常に多種多様になっているため、屋根の種類や構造を見極めたうえで、太陽光発電メーカーが提供している工法や部材の中から最適な工法や、部材を選択することが重要になってきます。業者としっかりプランを固めてから、工事をしてもらいましょう。